株式会社スマートロボティクス

殺菌灯搭載ロボット「SR-UVC」

製品紹介
自社開発

殺菌灯搭載ロボット

オールインワンアクチュエータ「Buildit Actuator」

NEWモデル「SR-UVC Model B」販売中!

殺菌灯搭載ロボット「SR-UVC」は、紫外線UV-C波長254nm照射ランプを搭載した紫外線照射ロボットです。紫外線UV-Cは、殺菌や消毒を目的として、古くから医療現場などでも使用されてきました。

2020年の新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに、当社で開発製造をおこない、販売をスタートしました。この度、ご利用者様の声をもとに改良を加え、新モデルの販売を開始しております。

現在、自律走行タイプの販売予約も受け付けております。

製品ラインアップや詳細スペック、納品時期など、お気軽にお問合せください。

製品の問合せ
オールインワンアクチュエータ「Buildit Actuator」

殺菌灯搭載ロボット「SR-UVC」の特長

  • 台車周りがコンパクトサイズ、狭い場所でも使用可能。
  • 面倒な初期設定が不要、すぐに動かすことができる。
  • 遠隔操作タイプの場合、人の目で安全を確認しながら操作ができる。
  • 専用コントローラーからの操作は、とても簡単。
  • 一次除菌として「SR-UVC」で紫外線照射を実施すれば、感染リスク及び作業者の心理的負担の軽減が期待できる。

【導入事例紹介】横浜栄共済病院

横浜栄共済病院(神奈川県横浜市栄区)は、入院患者様や来院者様が安心してご利用いただけるように、院内感染対策として、2020年10月より当社開発の遠隔操作型の紫外線照射ロボットを導入されました。現在は、ウイルス陽性患者がいた可能性があると思われる場所(帰国者接触者外来・発熱外来・集中治療室・手術室)をローテーションで照射作業されております。

導入事例インタビューを見る
オールインワンアクチュエータ「Buildit Actuator」

大型ショッピングモール「テラスモール湘南」

神奈川県のロボット共生社会推進事業の取り組みの一つとして、「かながわロボタウン」にある「テラスモール湘南(神奈川県藤沢市/運営:住商アーバン開発株式会社)」にて、殺菌灯搭載ロボットの実証実験を行いました。

実証実験の内容を詳しく見る

新型コロナウイルス感染症の軽症者等の宿泊療養施設

「新型コロナウイルス感染症神奈川県対策本部」にご協力いただき、新型コロナウイルス感染症の軽症者等の宿泊療養施設にて実証実験を行いました。該当施設の3Fにある「感染症対策本部」から、地下1Fの防護服着用エリアにあるロボットを約2時間操作。遠隔による走行や殺菌灯点灯ON/OFF操作(紫外線照射作業)に問題がないか確認を行いました。

実証実験の内容を詳しく見る

製品スペック

現在ご提供しているのは3モデルになります。「Model A」「Model B」は遠隔操作型、「Model C」は遠隔操作および自律走行型となります。「Model C」は、「Model B」をベースに自律走行機能が追加されたモデルとなります。

詳細のスペックは以下のPDF資料をご覧ください。
※継続的なバージョンアップで外観が変更になる場合がございます。

製品チラシ(PDF)
提供開始

現在、好評発売中。受注生産でお受けしております。お気軽にお問合せください!

納期は約1ヶ月〜3ヶ月程度となります。

Contact